親が割り込んでくるときに

サンディとサムの場合
妻三十三歳、結婚歴二年。
夫の母親が未亡人で、なにかと息子を頼りにしており、二人の間に割り込んできます。さらに実家の母のおせっかいとおしゃべりも争いの種です。解決の方法はあるでしょうか?
「結婚してから二年になりますが、夫のサムとの結婚に親たちが干渉するので困っているんです」三十三歳になるサンディはこう不満を述べるのです。
「サムの母親は未亡人なんです。とっても寂しいんですね。昼、夜区別なく、電話をかけてきて、夫を呼びつけるんですよ。サムは腹を立てているんですけど、かといって、どうしていいか分からないんでしょうね。すぐ出かけて行く必要がないんじゃないかって夫に言うんですが、そうすると夫は怒るんです。自分の立場を分かっていないって。私の両親は健在だから、未亡人のサムの母親が息子を頼りにする気持ちが理解できないんだって言うんです。彼だって、私の母親の問題も分かっていないんですけどね。このことは、後ほど説明します」「そのまま放っておくというわけにはいかないんですか?」と尋ねた私に、サンディはこう答えます。
「できないんです。というのは、母親と私のどちらを選ぶのかと、母親に詰め寄られてしまうんですね。そして、そんな場合に、母親に負けてしまうんです。そんなことで、私たちの予定がだめになってしまったことが何回もあるんです」
「それで、どうなさるんですか?」
「・・・たとえば、彼女が電話してきた時に、サムが帰宅したらすぐに電話するように伝えますって言いますでしょ。それも、私に口をきいた場合にですよ。私に話をしないことだってよくあるんですよ。
……そうすると、とにかく、帰宅したら、電話でなく、すぐ来なければだめだと伝えてくれって言うんです。こんな具合に、母親と夫との間に立たきれて、私たちの生活が干渉されるのがたまらないんです」
「どうしてですか?」
私が、「どうしてか?」と尋ねたことにサンディはけげんな顔をして、聞き返しました。
「どうして?・・・母親と夫の間に立たされるのをいやに思うべきではないという意味ですか?」
「二人の間に立つことで、サムが母親から受けるプレッシャーを少し和らげてあげられるんじゃないんですか。そうすれば、結果的にあなた自身が悩みから少しは解放されるんじゃないでしょうか?」
「でも、それでは問題は解決されないんじゃないですか?だいいち、母親の要求にどう対応してよいのか分からないサムの悩みは消えませんでしよ」
「その通りだと思います。それに、おそらく、サムは、母親との関係の問題をこれからもずっと解決できないまま悩みつづけるんじゃないかと思いますよ。それは、それで仕方がないと思います。世の中には親との関係で問題が解決できずに悩んでいる人はたくさんいるんですから。それに、解決できない問題というものを、私たちは皆、多少なりとも持っていると言ってもいいんじゃないでしょか」
「つまり、先生がおっしゃっていることは、サムの問題を私が解決してあげるべきだということですか?」
「とんでもない。解決しなきゃならないのは、彼の問題ではなく、あなたの問題ですよ。サムの親が、彼を頼りにしないで欲しい、あなたがたの予定を狂わせるようなことをして欲しくない。これが、あなたが抱えている問題なんでしょう?だったら、あなたが中に入って、息子に対する母親の要求のプレッシャーを和らげることをしたらどうかと言っているんです」
「でも、それは、ずいぶん、自己中心的に聞こえますけど」
「その通りですね。でも、自分中心主義と自己中心を混同していませんか?自分の倫理観にもとづいて、自分が正しいと信じ、求めることを自己中心的と言い、倫理的にどうあろうと、自分の欲しいモノを求めることを自分中心主義と言うんだと思いますが」
「では、どうしたら、〈自己中心的〉なやり方で、サムの母親と私との問題を解決できるんでしょうか?」
「そうですね。・・・まず、母親から電話があったら、あなた自身が母親のところに行ってあげるんですよ。そして、その時のお母さんが何を必要としているかを聞いてあげるんです。そして、状況によっては、〈老人のための加番〉に電話して、ボランティアを派遣してもらうなどして、とにかく、その時のお母さんのニーズに応えられるような手配をしてあげるんです。そして、後で、お母さんから電話があったことをサムに告げると同時に、自分にできることを自分はやってあげたいので、どうしたらよいのかと、サムのアドバイスを求めたらどうでしょうか?」
「そうすれば、お母さんはサムのところに電話をかけてこなくなるというわけでしょうか?」
「それはどうかな?でも、そのことを通して、あなたがお母さんをかまってくれることを知るようになるんじゃないでしょうか。そして、時には、直接、あなたに身の周りの手伝いを求めるようになると思いますね。それはそれとして、要は、これで夫と母親の間に立たされる問題を解決したいというあなたの願いが達成されるんじゃないでしょうか?」
サンディは、私の提案どおりやってみました。このやり方だと、自分がいちばん悩んでいる夫との生活を母親に干渉される状況の中で、自分の主体性を回復できると考えたからです。
新しい出会いが結婚相談所 比較 で、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。
ところで、このやり方にもネガティブな側面があります。たとえば、母親のサムに対するニーズはそんなに変わることがないわけですし、それに、こんどはサンディに多く寄りかかってくるということも考えられます。しかし、あなたがこの問題に一所懸命に取り組んでいる姿を、夫が見ることによって、この問題の基本的なところを夫が見極め、対処しようとする気を起こすようになると思います。


[氷の微笑]のシャロン・ストーンtype

触覚タイプのあなたと聴覚タイプの男性へ

あなたがちょっと甘えたり、おねだりしたりすると、なんでも聞いてくれる彼。
こんな組み合わせははっきり言ってちょっと恐ろしい。
触覚タイプの情熱的な女性に、聴覚タイプの男性はすぐにメロメロ。
極端な例ですが“氷の微笑”のようなカップルです。
結婚前に出会いがない 社会人 で、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

殺人容疑をかけられた美人作家・シャロン・ストーンに、情けないほど振り回される刑事、マイケル・ダグラス。
彼女を追ってやってきたナイトクラブで、踊りながらセクシーにささやかれた彼は、危険を感じながらも最後には彼女の部屋に行ってしまう。
自分が殺されるかもしれないというリスクも忘れて……。

そうです。

聴覚タイプの男性にはこのようにささやけばいいのです。
ささやかれることによって彼はあなたを愛しく思い、離れられなくなるのです。
情熱的にささやくか、さらっと明るく言葉にするかは、彼の性格によってアレンジすればいいだけのこと。

聴覚タイプの男性は「愛してるわ」、「あなたしかいないの」という言葉にとても弱いのです。
なにも疑うことなく喜んでくれ、あとはあなたの思いのまま。
ちょっとオーバーすぎるかなと思うくらいでちょうどいいのです。

そのときのシチュエーションさえ気をつけて言葉を選べば……。


[ボディガード]のホイットニー・ヒューストンtype

触覚タイプのあなたと視覚タイプの男性へ

いつも彼に会うたびになにかもの足りなさを感じてしまう。
私のことを宝物のように大切にしてくれ、どんなトラブルからも守ってくれる。
だけど彼はクールすぎて本当に愛されているのかどうかわからなくなってしまう。
彼の心が見えないの….こんなあなたは“ボディガード”のヒロインそのもの。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。

いつも遠くで見守ってくれる、ケビン・コスナーのような彼とつき合っているあなたは、彼のやさしさよりも、いきなり抱きしめて愛の言葉をささやいてほしい、そんな願望がでてくるでしょう。

触覚タイプのヒロイン、ホイットニーも、一度はベッドをともにしたものの、クールを装う彼を激しく罵り(ののし) 、「女に恥をかかせるつもり!」と怒りを爆発。
それでも彼は、「君を守るのが自分の任務だ」と言い放ち、彼女の身を守ることだけに専念する。

そのうち彼女も、遠くで温かく見詰めてくれる彼の本当のやさしさに気づき、ショーを中止してまでも、自分を守ってくれる彼についてゆく決心をする。
情熱的なあなたの気持ちをわかってくれないクールな男性。

無口ながらも彼は、あなたのことを愛しているのです。
ただ表現方法が違うだけ。それをわかってあげてください。
そうすれば、気やすく肩を抱いたり、ベタベタ甘いことを言う男より、数段素敵な男性だとわかるはずです。


入籍の日取りってどうやって決める?

ほんの数か月前、マッチドットコム口コミ で出会った人との入籍の日取りをいつにするかというのも、ふと悩んじゃうとこ。
「婚姻届は書いたけど、日にちに迷ってまだ出してない」なんて人もいるよ。
ま、いちばんカンタンなのは披露宴の日に、ってヤツ。
「対外的にもわかりやすくていい」って声、多数。

●絶対忘れない日にする派それ以外に大勢が選んでいるのが、あとあと絶対忘れずにすむ日にち。
たとえば、どっちかの誕生日とかね。
「うちは披露宴から日にちが近かったダンナの誕生日に入籍。
これなら忘れないでしよー。いちいち指輪の裏見ないとわからないとかだと、めんどくさいもんね」
「私たちは1月1日。こりや忘れようにも忘れられないし、日本全国が祝ってくれる。ありがと~(笑)
ただし!こーいう絶対忘れない日には意外なデメリットも!?
「だめよー。自分の誕生日とかにしてたら、もし離婚したとき、毎年毎年思い出すよ、きっと。ヤダヤダ」

●意味のある日にちを選ぶ派何か意味のある日にちに決めるっていっても、その選び方はいろいろ。
「親に11月22日は〃いい夫婦の日〃って教えられ、ベタなギャグが気に入って、この日にした」
「私たちが旅先の北海道で出会ったのが3年前の10月1日。で、思い出の日に入籍しました」
「うるう年の2月29日。4年に一度って面白いかなーと」「イケイケ、ゴーゴーの5月5日」てな語呂合わせカップルも。
逆に4月2日(死に)とかを避ける人も。

●単に便利だから派コレって、たとえば9月23日とか11月3日とかの祝日に入籍ってヤツ。
「休みだから一緒にいられるもんね」ってこと。
最近の祝日の激しい移動合戦がちょっと心配ではあるが…で、究極の便利な日は4月1日、そ、エイプリルフールだって説が。
「もし離婚するときも「ま、ひとつ冗談だったってことで』ですむかも」なるほどっ、賢い!
それはともかく、こんな単純にして明快、かつ潔い意見もあるぞ。
「悩んでるなら、明日、朝イチで持って行けばいいじゃん。素敵なことなんだから、すぐに、さ!」



こんなに変わった日本の結婚

前回の続きです。
ちなみに大正時代になると恋愛結婚が一気に流行!

ふたりが恋に落ちて結婚を決めるのは今じゃ当たり前だけど、その頃は超モダンなカップルだったんだろうなー。
ところで大正祖年9月の関東大溌災で日比谷大神宮などが消失。
有名神社は高級ホテル内に安置されて、ホテル結婚式が生まれたってワケだ。

昭和の初めには総合結婚式場の先駆け「目黒雅叙園」が誕生したり、
日本初の公営結婚相談所 選び方 ができたりと結婚のかたちは一気に現代に近づいてくる。

戦時中は質素な神前式が主だったけど、戦後は民主化運動の高まりで人前結婚の形式が生まれた。
そして昭和34年の現天皇と美智子様のご成婚、昭和35年の石原裕次郎と北原三枝の空前の豪華披露宴、それに景気上昇があいまって派手な結婚式がブームに。
で、昭和.平成の世には結婚産業、出会い産業が巨大ビジネスとなるが、今やシンプル婚が流行に。
また早婚ブームや、できちゃった婚の増加…ああ、時代はめぐる。

結婚も変わる。
そして西暦2050年あたり、
日本はまた古代のような乱婚状態に回帰..::しないしない!(たぶん)


結婚のおもしろ雑学

昔々の日本の古代、男女の交際はと~っても大らかで、乱婚や雑婚など事実上の乱交状態が続いてたとか。
その後も飛鳥・奈良時代の貴族は一夫多妻。

この習慣は中世まで続き、鎌倉時代には男性は三妻まで持つことが許されてたそーな。
「あー、そんな時代に生まれたかった」と思うだろーな、男ども。

ちなみに平安時代までは男性が嫁の家で婚礼し、そこで生活する婿取り婚。
鎌倉時代になると武士の間で嫁迎え婚が始まり、江戸時代には現在の嫁入り婚が定着。
で、時代は明治に。
意外にも、この頃まで妻は結婚後も実家の旧姓を名乗るのが慣習だった。
今度は現代の事実婚妻、通称使用妻がうらやましがりそー。

ただし夫の家を相続したときには夫の姓を名乗ることが必要で、だんだん夫の姓になるという現代の習慣が生まれたワケだ。
さて明治鯛年、のちの大正天皇のご成婚もあって、での結婚式熱はヒートアップ。
それまでの自宅結婚式がすたれ、神前式の挙式が増えてくる。