[ボディガード]のホイットニー・ヒューストンtype

触覚タイプのあなたと視覚タイプの男性へ

いつも彼に会うたびになにかもの足りなさを感じてしまう。
私のことを宝物のように大切にしてくれ、どんなトラブルからも守ってくれる。
だけど彼はクールすぎて本当に愛されているのかどうかわからなくなってしまう。
彼の心が見えないの….こんなあなたは“ボディガード”のヒロインそのもの。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。

いつも遠くで見守ってくれる、ケビン・コスナーのような彼とつき合っているあなたは、彼のやさしさよりも、いきなり抱きしめて愛の言葉をささやいてほしい、そんな願望がでてくるでしょう。

触覚タイプのヒロイン、ホイットニーも、一度はベッドをともにしたものの、クールを装う彼を激しく罵り(ののし) 、「女に恥をかかせるつもり!」と怒りを爆発。
それでも彼は、「君を守るのが自分の任務だ」と言い放ち、彼女の身を守ることだけに専念する。

そのうち彼女も、遠くで温かく見詰めてくれる彼の本当のやさしさに気づき、ショーを中止してまでも、自分を守ってくれる彼についてゆく決心をする。
情熱的なあなたの気持ちをわかってくれないクールな男性。

無口ながらも彼は、あなたのことを愛しているのです。
ただ表現方法が違うだけ。それをわかってあげてください。
そうすれば、気やすく肩を抱いたり、ベタベタ甘いことを言う男より、数段素敵な男性だとわかるはずです。

参考: