入籍の日取りってどうやって決める?

ほんの数か月前、出会った人との入籍の日取りをいつにするかというのも、ふと悩んじゃうとこ。
「婚姻届は書いたけど、日にちに迷ってまだ出してない」なんて人もいるよ。
ま、いちばんカンタンなのは披露宴の日に、ってヤツ。
「対外的にもわかりやすくていい」って声、多数。

●絶対忘れない日にする派それ以外に大勢が選んでいるのが、あとあと絶対忘れずにすむ日にち。
たとえば、どっちかの誕生日とかね。
「うちは披露宴から日にちが近かったダンナの誕生日に入籍。
これなら忘れないでしよー。いちいち指輪の裏見ないとわからないとかだと、めんどくさいもんね」
「私たちは1月1日。こりや忘れようにも忘れられないし、日本全国が祝ってくれる。ありがと~(笑)
ただし!こーいう絶対忘れない日には意外なデメリットも!?
「だめよー。自分の誕生日とかにしてたら、もし離婚したとき、毎年毎年思い出すよ、きっと。ヤダヤダ」

●意味のある日にちを選ぶ派何か意味のある日にちに決めるっていっても、その選び方はいろいろ。
「親に11月22日は〃いい夫婦の日〃って教えられ、ベタなギャグが気に入って、この日にした」
「私たちが旅先の北海道で出会ったのが3年前の10月1日。で、思い出の日に入籍しました」
「うるう年の2月29日。4年に一度って面白いかなーと」「イケイケ、ゴーゴーの5月5日」てな語呂合わせカップルも。
逆に4月2日(死に)とかを避ける人も。

●単に便利だから派コレって、たとえば9月23日とか11月3日とかの祝日に入籍ってヤツ。
「休みだから一緒にいられるもんね」ってこと。
最近の祝日の激しい移動合戦がちょっと心配ではあるが…で、究極の便利な日は4月1日、そ、エイプリルフールだって説が。

出典:マッチドットコム口コミ