結婚のおもしろ雑学

ところで、このやり方にもネガティブな側面があります。たとえば、母親のサムに対するニーズはそんなに変わることがないわけですし、それに、こんどはサンディに多く寄りかかってくるということも考えられます。しかし、あなたがこの問題に一所懸命に取り組んでいる姿を、夫が見ることによって、この問題の基本的なところを夫が見極め、対処しようとする気を起こすようになると思います。

昔々の日本の古代、男女の交際はと~っても大らかで、乱婚や雑婚など事実上の乱交状態が続いてたとか。
その後も飛鳥・奈良時代の貴族は一夫多妻。

この習慣は中世まで続き、鎌倉時代には男性は三妻まで持つことが許されてたそーな。
「あー、そんな時代に生まれたかった」と思うだろーな、男ども。

ちなみに平安時代までは男性が嫁の家で婚礼し、そこで生活する婿取り婚。
鎌倉時代になると武士の間で嫁迎え婚が始まり、江戸時代には現在の嫁入り婚が定着。
で、時代は明治に。
意外にも、この頃まで妻は結婚後も実家の旧姓を名乗るのが慣習だった。
今度は現代の事実婚妻、通称使用妻がうらやましがりそー。

ただし夫の家を相続したときには夫の姓を名乗ることが必要で、だんだん夫の姓になるという現代の習慣が生まれたワケだ。
さて明治鯛年、のちの大正天皇のご成婚もあって、結婚式熱はヒートアップ。
それまでの自宅結婚式がすたれ、神前式の挙式が増えてくる。

入籍の日は人それぞれに決め方がある。
「もし離婚するときも「ま、ひとつ冗談だったってことで』ですむかも」なるほどっ、賢い!
それはともかく、こんな単純にして明快、かつ潔い意見もあるぞ。
「悩んでるなら、明日、朝イチで持って行けばいいじゃん。素敵なことなんだから、すぐに、さ!」

出典: